TOP > チャーからのお知らせ

バックナンバー一覧へ

2018年 12月 10日 (月)正月飾り作り
夏に刈って干しておいたスゲ、「くるみちゃんの田んぼ」の米作りで束ねた稲わらで年末恒例の正月飾り作りを行いました。
町内の先輩の指導を受けながら玄関飾りと神棚の〆縄を作りました。
今年で3年目、年々参加者が増え今年は2日間で28名の参加者です。

2018年 11月 27日 (火)「まちやど」勉強会
「まちやど」とはまちを一つの宿と見立て宿泊施設と地域の日常をネットワークさせ、まちぐるみで宿泊客をもてなすことで地域価値を向上していく事業です。(日本まちやど協会)
コンパクトにまとまったこの日高地区、個々に事業を展開している宿泊施設、飲食店や体験を提供する事業者などが連携していくことで日高にしかない魅力的なまちを作れるのではないか、とこの街で起業した「自然考房」の鈴木さんが勉強会を企画しました。
2回にわたって「くるみちゃんハウス」で開催されグループワークでは、それぞれの熱い思いを語り合いました。
何かが産まれるような気がします。
次回はさらに発展した提案が出そうで楽しみです。

2018年 11月 11日 (日)精米
昨日脱穀した籾が精米され受け取ってきました。やはり昨年より少し不作で182kgでした。脱穀に参加したみなさんに収穫を予想してもらいましたが一番近かった方は180kg!5kgの米を獲得です。
今年も苗取り、田植えから始まって稲刈り、脱穀まで手作業の米作りができました。
田んぼを貸してくださった下村農園さん、足踏み脱穀機と倉庫を貸してくださった大友さん、米作りに参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします。

2018年 11月 4日 (日)脱穀完了
脱穀作業、メンバーは変わったけど今日も10名の方が参加。
午前中に完了しました。
活躍した足踏み脱穀機、唐箕と収穫した米を前に記念撮影。
今年の収穫は去年より若干少ないかな?

2018年 11月 3日 (土)脱穀
今年は天候不順で脱穀が10日ほど遅れました。
今日は10名の町民のみなさんが参加してくださり脱穀作業です。
足踏み脱穀機は足が疲れて10分踏み続けるのがやっとで交代しながらの作業。
昔の農家の人達はこれを朝から暗くなるまで踏み続けたというから大変な作業です。
稲刈りのあとのはさ掛けは夜の作業だったと、、苦労がしのばれます。
作業は順調に進み半分以上終了、明日で完了です。

2018年 10月 16日 (火)脱穀体験日にち変更
9月30日に刈り採った稲の脱穀は10月20日、21日と連絡してありましたが乾燥が不十分であることが予想されるため11月3日(土)4日(日)に延期しました。
体験希望の方は横山まで連絡ください。
           01457-6-3107
(写真は去年の様子です)

2018年 9月 30日 (日)稲刈り体験
5月27日、みんなで植えた苗は6,7月の長雨の影響はあったものの黄金色にたわみ収穫の時期を迎えました。
台風24号の影響が心配されたため昨日、一昨日の二日間で有志を募り半分ほど刈りました。今日は残り半分の刈採り、束ね、はさ掛けをしました。
次の作業は脱穀です。10月20日(土),21日(日)を予定しています。
足踏み脱穀機で行いますので参加希望の方は連絡ください。

  01457-6-3107 横山

2018年 9月 29日 (土)雲海
今朝は素晴らしい雲海! 6:07

2018年 9月 24日 (月)はさ作り
今日は来週の稲刈りの準備で、はさ作りをしました。
6間5段、はさ木を縄で縛っていくのですがベテランの小林さんは端に輪っかを作り、もう一方の端部をUの字に差し込んでキュッと絞って結わえていきます。
それがとても早くて簡単そうなのですが自分でやるとなかなかできず、覚えるのに何度もやってやっとできるようになりました。
稲を藁で束ねるのも同じです。
去年もやったはずなのに・・・忘れています。

2018年 8月 23日 (木)ゲレンデガーデン
仙台から滞在中のご家族がゲレンデガーデンの案山子と一緒に
さて、かかしはだれ?

バックナンバー一覧へ

ファームイン ひだか くるみちゃんハウス 
〒055-2302 北海道沙流郡日高町本町西1丁目337-16 電話 01457-6-3107